クイコ飯

愛知県での食べ歩きやお出掛けの記録 前ブログ「クイコ飯-2」の続き

【豊田市】豊田両口屋

f:id:kuikomeshi:20210801090317j:plain

豊田市堤町の豊田両口屋へ行ってきました

 

HPを見てもどこで修行されたかは書いてなかったんですが

安城駅前の両口屋菓匠さんと同じ名前のお菓子が複数あったので

多分のれん分けのお店の一つだと思います

 

f:id:kuikomeshi:20210801091102j:plain

豊田両口屋さんでは焼き立てのみたらし団子があります

何本からでも構わないということで

とりあえず2本お願いして、焼いてもらっている間に店内見て回ります

 

f:id:kuikomeshi:20210801091345j:plain

みたらし団子 1本¥80

 

買い物が終わる間に丁度焼き上がり

熱々ふんわりもちもち柔らか

甘辛いたれは優しい味であっさりおいしい^^

 

f:id:kuikomeshi:20210801091921j:plain

虹の架け橋 ¥220

 

道明寺羹とは違う見た目だったので伺ったところ

イラ粉を使った錦玉羹とのことでした

 

イラ粉は蒸した糯米を乾燥させて細かく砕いたものを、

色がつかない程度に煎ったもので

金平糖の核だったり、おこし等に使われます

 

イラ粉の小さな粒でキラキラしててとても綺麗^^

道明寺とは違う粒々した食感も楽しくて美味しい

 

f:id:kuikomeshi:20210801103445j:plain

花火 ¥240

朝顔 ¥220

 

花火は練り切り製で中はこしあん

グラデーションの色合いがとても綺麗です

 

朝顔はういろ製で中は黄色い餡だったので黄身餡かな?

もっちりういろとほくほくしっとりな餡が美味しい

 

f:id:kuikomeshi:20210801104040j:plain

金魚 ¥240

夏衣 ¥220

 

夏の錦玉菓子は目にも美味しい

金魚はほんのり何かの果汁を感じるような・・・?

つるつるぷりぷりな食感が良いですね

 

夏衣はみぞれ羹で藤色のこしあんが巻いてあります

本当は中央に金箔が付いていたんですが

移動中にセロファンがくっついてしまって

剥がしたときに金箔だけ持っていかれてしまいました^^;

 

f:id:kuikomeshi:20210801104915j:plain

くず桜・夏菊 各¥220

 

ここのくず桜、しっかりしたこしあん

桜葉の塩気とくずのぷるもち感が合っててとても美味しかったです

 

夏菊は羽二重に氷餅がまぶしてあります

中は粒あん

もちもち感強めの羽二重

 

f:id:kuikomeshi:20210801105641j:plain

グレープフルーツゼリー 1/4カット ¥250
 

西尾両口屋さんでは丸ごとのみの販売でしたが

こちらではカットの販売もありました

 

持ち帰り用のパックの高さが低めな為、

押さえつけられててっぺんが平らになってます(笑)

 

グレープフルーツの果汁たっぷりでとてもさっぱり

西尾両口屋さんより少しもっちり目の食感でした^^

 

f:id:kuikomeshi:20210801110241j:plain

チョコかすてら ¥150

 

ホワイトチョコ掛けのカステラ

 

カステラは子供の頃のベタベタに甘いイメージがまだあって

あまり自分から買うことはないお菓子なんですが

ホワイトチョコが好きなので、チョコに釣られて・・・

 

玉子の風味たっぷりでふわふわなカステラ

ここのカステラはベタベタしてなくて良いですね

冷蔵庫で冷やしてから頂いたので

ホワイトチョコがパリっとしてこれまた美味しい^^

 

ご馳走様でした(´▽`)

また違う季節のお菓子も頂いてみたいと思います

 

豊田市の和菓子,饅頭|豊田 両口屋